防犯カメラが日常の生活に浸透する

防犯カメラは犯罪を抑止するものとして、時には犯罪の証拠を掴むために必要であり、そのニーズは高まる一方です。日本では公共の場所でも設置がどんどん進んでいますが、それぞれ企業や個人でも取り組みが進み、それぞれが自分の資産を守るために防犯カメラを設置するようになっています。アパートやマンション経営、駐車場経営をする人たちも、なにかあった時に、しかるべき対応をするために、そうした設備を導入するケースがとても多いです。

防犯カメラのクオリティは様々で、日中の屋外に適しているものや、屋内タイプのもの、また夜間でも撮影が可能な赤外線内蔵タイプのもの、そしてハイクオリティな4Kタイプのものまであります。もちろん費用は機種の品質の良さにより変わってくるのですが、近年では低価格化が進んできて、より身近なものとなってきています。とはいえまだまだそうしたカメラは高い、でも防犯をしたいと考えている人の中には、ダミーのもの、つまり実際には撮影はできないものの、防犯カメラに似ているデザインのものを所定の場所に取り付けることで、本物の防犯カメラが付けられていて、監視をしているように見せかける効果を与えるもので対応をする人もいます。