2月はクール宅急便様様の季節です。

 チョコレートを贈ったり受け取ったりする季節、今年も「クール宅急便」を利用することになりそうです。直接相手に贈るという場合でも、この「クール宅急便」を利用せざるを得ない場合があります。なんせ、今はネットで選んで購入する時代、私も昨年は気に入ったチョコレートを通販で購入し、クール宅急便にて自宅まで届けてもらい、無事美味しいチョコレートを相手に渡すことができました。誰が考えたんだろう、本当に有難いサービスだ!と、この時ばかりは「クール宅急便」様様になります。そうしょっちゅうは使わないと思いきや、私はアロエをよく購入するので、その際にもお届けについて「クール宅急便にて配送します」という通知になります。

 ところで、以前職場に届けて頂いた時、とても親切な対応をしていただいたことがありました。時間希望しなかったため、きっと遅い時間になるだろうと予想していたのですが、早朝に届けてもらい、職場には冷凍庫もないし、「困ったなぁ」と思っていたところ、その配送の方が
「お困りなら、もう一度伺いますよ。会社は近くなので。」と言ってくださったのです。なんと優しい心遣い!ありがとう、クール宅急便の配送の方!という思いは、今も記憶に残っています。たまに、職場に行く途中に「クール宅急便」という看板を背負った配送車が通りますが、これがとてもスピードが遅いのです。きっとそれだけ大事に運送しなければならないのでしょう。そう思うと、イライラなどしません。私の時と同様、無事に到着することを祈る私なのでした。