ネットワークカメラの防犯カメラはいつでも映像チェックが可能

ネットワークカメラの利点としてセキュリティに優れるといったことがあり、一般的防犯カメラはカメラあるいはカメラ近辺に設置した録画機に映像保存して、防犯カメラ自体破壊されsdカードを抜き取られたりするなど被害にあったら、当然映像チェックができなくなります。ネットワークカメラは防犯カメラとは離れた場所に録画機設置することができ、クラウド保存したときは録画機盗まれるコットもないです。なので万が一防犯カメラ破壊されても犯行直前まで映像しっかり記録ができます。

さらにクラウド保存映像データは通常暗号化された状況で通信をして情報漏洩のリスクがとても低いです。これによってセキュリティ面でも大きいメリットがあるのです。そして今までのアナログ防犯カメラはカメラと敗戦でつながれた専用モニターでなくては映像チェックできなくて、ネットワークカメラはネットを介することができてネットにつながったパソコンなどからアクセスして、いつでもどこでも映像チェックが可能です。最近のネットワークカメラは音声録音も同時にできたり動体検知機能があって異常があればアラームで知らせてくれたりします。複数個所防犯カメラ設置したときもネットワークを通じ1台のパソコンなど通信端末で複数カメラ同時管理が可能です。