粉塵爆発は小麦粉でも起こりうる

粉塵爆発というのは細かくて小さい粒が空気中に舞っている状態で、その近くに火が発生することによって爆発が起きてしまうという現象です。
一見私たちには身近ではない言葉に聞こえますが、一般家庭でも粉塵爆発が起きる可能性もありますので注意する必要があります。それはどういうことかというと、調理に使う小麦粉が粉塵爆発のもとになってしまう可能性があるということです。ただし工場などと違って家庭内で使用する小麦粉の量は限られていますので、火元に気を付けていればそこまで被害は及びませんので安心してください。

粉塵爆発の不思議なところは空気中に舞っている粉が燃えずらい物質であっても爆発が起きるということです。現に小麦粉に火を近付けても全然燃えないのですが空気中に舞っている状態だと粉塵爆発を起こします。過去に工場などでは粉塵爆発によってかなりの被害を受けたところもありますので、科学の発展によって粉塵爆発を事前に防ぐことができるような技術が開発されたら工場で働いている人も安心できるのではないかと思っています。あとは災害時なども棚から飛び出してきた小麦粉が空気中に舞ってしまう可能性もありますのでそういった点にも気を付けようと思いました。