社会保険労務士の魅力はどういう点か

社会保険労務士という資格を知っている人はその魅力も知っている人が多いです。
ですが、そもそも社会保険労務士という資格がある事を知らない人も多いです。

なので、その魅力を知らなくてもある意味当然とも言えます。
では、実際に社会保険労務士の資格の魅力はどこかというと
労働者や事業主の悩みを解決していけるという点です。

確かに社会保険労務士の仕事は労働者や事業主の困りごとに対応する事だけが仕事ではないです。
ですから、同じ社会保険労務士でも人によっては企業の雑務にだけ注力している人もいるかと思います。

ですが、社会保険労務士の仕事は本来は労働者や事業主の悩みに的確なアドバイスをして
困りごとを解決していくのが存在意義と言っても過言ではないです。

なぜなら、単に企業が面倒でやりたくないと思っている労働社会保険の手続きを代わりにやるという
仕事は労働者や事業主の困りごとを解決するついでにやる事であってそれがメインの仕事になっては意味がないからです。

それができるからこそ企業は社会保険労務士と顧問契約をして毎月報酬を払っても良いと思ってくれます。
またそうやって企業に頼られる存在になれるからこそ社会保険労務士として働く事に生き甲斐を感じられます。

そういう働き甲斐を感じられるのが社会保険労務士の魅力です。