よい運送会社の見分け方

普段の生活の中で、引越しや通信販売など、運送会社を利用することは少なくありません。利用が多くなると、多くの業者ができてきますが、業者の数が多いとそのサービスの質の幅も広がります。依頼した荷物が紛失したり壊れたり、あるいは指定した時間が守られなかったりといったことにならないように、運送会社をうまく見分けて利用することが大切です。

しかし、運送会社を見分けるといっても簡単ではありません。実際に荷物を送るときには、荷物を預けるときと、それを配送するとき、実際に届け先に渡すときと、それぞれ担当者が異なることがあります。このうち、預けるときと渡すときには担当者に接することになりますが、配送したり会社内で仕分けをするところには立ち会わないので、どのように行われているのかわかりません。そこで、運送の過程自体だけからその会社を判断するのではなく、クレームなどの対応について評価することも大切です。この場合、自分でクレームを行うことはそれほど多くは無いでしょうから、口コミなどを参考にするとよいでしょう。クレームに対して丁寧な対応の出来る会社では、クレーム自体をなくすように教育訓練を行っていることが期待できるのでよい会社と考えることができるのです。