樹木葬とは何なのかっ!

樹木葬とは墓地として認可された土地の範囲内におこつ(お骨)を埋葬することを言います。
海への散骨なども人気なのですが、それとは違い決まった場所(キチンと認可された敷地内の墓地)におほね(お骨)を埋葬するそうでして、既存の墓石を立てて埋葬することになんだか抵抗感を示す人々に人気の埋葬方法なのであります。

「人間は死ねば土に還る」という思想を好きな人がするおこつ(お骨)の埋葬方法であり、大変人気が高いそうであり、木や花を墓標とするのであり、海におこつ(お骨)を撒く散骨とは根本的に違うのです。
私は聞いたことが無い埋葬方法だったのですが、最近では人気が高いそうであり、海におこつを撒くよりかは一箇所に安定して眠りたいという日本人の気質に合った埋葬方法だと思います。
海に自分のおこつ(お骨)を撒くという散骨も進化論的に言えば、人間は海で発生して進化した生き物であるから「海に還る」というのは正しいと思うのですが、「土に還る」という思想も共感できるものであります。
樹木葬というのは人間の「土に還りたい」という願いを叶えた埋葬方法であると思いますし、既存の墓石の下に眠るという思想に違和感を覚える人へのアンチテーゼとして有効であると思いますし、「人間は死ねば土になる」と言ったのは確か織田信長だっと思いますが、日本人としては海に還るより土に還るという思想の方が何故だか自然に馴染む様な気がします。