グンとオシャレになった串カツ

kushikatsu08ここ数年で、串カツのイメージも随分変わったように思います。
昔は、関西でしか通じなかったように思いますし、お酒のツマミからなかなか抜け出せなかったように思います。

なんと言っても、串カツの醍醐味は、揚げたてアツアツを食べることです。家庭でだと揚げるタイミングなどもあってなかなか手軽には作らないんじゃないでしょうか。串に挿す手間もありますしね。

揚げるネタにしても、それぞれのお店でオリジナルの串があったりして、スィーツ系のものや果物など「こんなものまで串カツになるの?!」と驚くこともしばしばです。
どれも、一口か二口で食べ切れる可愛らしいサイズになっていて、色んな素材が食べられるのもその魅力かもしれません。

揚げ物は胃にもたれるから・・・と、いつもは敬遠しがちなんだけど、専門店でカラッと揚がったものなら食べられると言う人もいます。

揚げ油にもお店によって特徴があるのが面白いところです。脂が違うとやはり風味も違うんですよね。
串カツと言えば、「二度漬け禁止!」で有名なソースが思い浮かびますけど、オリジナルのソースはもちろん、塩1つをとっても実に様々な風味がプラスされたものが提供されたりします。

手頃な価格で揚げたてを味わえるお店が増えましたし、目の前で揚げてくれる楽しみや、自分で揚げる楽しみなんかも加わって、食事をちょっとしたイベントに出来るのが人気の秘密なのかもしれませんね。