介護タクシーで通院する場合には?

介護タクシーは主に、お年寄りの方や、病気で移動が困難という方が、主に通院で利用されるタクシーになります。一般のタクシーは自宅から目的地へと移動をするだけの役割ですが、移動手段としてだけではなく、車両への乗り降りの手伝いをしてもらうことが出来るのが特徴です。

主に、近年では、自宅から病院、または老人ホームへの送迎などで主に使われますが、利用者の健康の確認や通院のお手伝いをしてもらうことができます。
車いすの方の場合にも、この移動の介助や、乗車までの流れを手伝ってもらうことが出来ます。
さらには、病院に無事到着した際にも、タクシーからの降車のお手伝いをしてもらうことができます。受付までの場所まで介助をしてもらうことも可能です。
気になる料金ですが、料金は、介護の部分に関しては、介護保険を充当させることが出来ますが、移動に関しては、介護保険が充当させることが出来ませんので、移動に関するタクシー代は利用者が負担をすることになります。
このため、本当に利用をしなければならない人が利用すると言うことが望ましいといえるでしょう。
今は高齢化社会の日本であるため、今後も介護タクシーの利用は増え続けていくのではないかと思われます。