資金繰りに困らないようにする

ビジネスイメージ―会計個人事業者で、仕入れハンバイデ生計を立てています。以前は企業に勤務をしていて、その時の業界での経験を活用しています。会社勤めに比べると、自己責任でできるので、今のほうがはるかに仕事への取り組む姿勢はよくなっています。その理由は純粋に自分の都合だけで仕事ができるというだけではありません。

個人事業というのは、いつどのような形で資金繰りが厳しくなるかもわからないという緊張感もあるからといえます。たとえ自分が懸命に仕事をしていても、景気情勢に左右されることもあれば、仕入れや販売ルートの都合で収入が大幅に変化することもあります。常に身の回りの情報に敏感になっておかないと、いついかなることで資金繰りに困るような事態が出てくるかわかりません。最悪の事態も想定して、いざというときにすぐに一時的にお金を借りられる先がないかを年のために模索をしておくことも、まだ余裕のある時期にだからこそできることです。また周囲からすると頑張っているように思われるかもしれませんが、収益はには波がありますから利益をしっかりと出せる時を見逃さずに頑張るようにはしています。個人事業者の立場では、いついかなることで仕事ができなくなるかもしれませんから、最悪の想定をしながら、今できることを続けるようにしています。