新たに飲食店を開業する店主が考えるべきこと

inshoku08 新たに飲食店を開業する店主は、開店当日お客の入りがどのくらいなのかとても気になります。開店当日はお店の幸先を決める重要な日ですので、そこでもしも数人しかお客が来店しなかったら、先行き不安になってしまいます。ですが、よっぽどのことがない限り開店当日というのは案外お客がわんさかとやってくるものです。

 お客側の立場になって考えてみればわかることですが、いつも利用している街並みに新しいお店ができればその新鮮さから1度は訪れてみたくなります。その土地に住んでいる人からすればなじみのお店はすでに多少なりとも飽きがきているので、新鮮な刺激を求めています。そこに待望の新しいお店ができれば、どんなお店なのか興味津々になるのが普通です。すると、開店当日にお客がたくさん入り、大盛況という状態になります。

 ですが、この状態はいつまでも続くものではなく、残念ながら一過性に過ぎません。お客は満足してその熱が引いてしまえば、だんだんと少なくなっていってしまいます。ですから、本当の勝負は飲食店を開業した直後、いかに来てくれたお客をリピーターにするかです。そこが把握できていないと、客足の途絶える流れになったとき苦戦してしまいます。ですので、その対策を早めにすることが繁盛の秘訣です。