異物混入事件はデリケートな問題で解決が難しい

factory19異物混入という問題はとてもデリケートな問題ですよね。その異物が人工的なものならば苦情を言わなければならないけど、食材から入ったものが異物に見えてしまうことだってあるわけです。

でも、今のお菓子や食品には、消費者が勘違いしないように、しっかりとパッケージに「黒いものはイカの○○です」という感じで書いてありますね。これがあるだけでも、トラブルを防げると思うんです。

これが外食する時には困りますね。最初からその注意書きがないんですよ。

それでシェイクを飲んだら中からプスチックの破片が出てきた。それで口の中を切ってしまっただなんて、起こってからでは遅いですよね。

飲み込んでしまったら、食道から腸を傷つけてしまいます。ほんと、怖いですね。でも、家に帰ってからそれでお腹が痛くなったとしても、色々なお店で食べていれば、いったい、どこの店で食べたものが原因かが分からないんですよ。

苦情を言っても、「知らない」とか「分からない」などと言われたら、泣き寝入りするしかないんですよね。

異物混入事件は年々増えているような気がしますね。でも、それも自分で故意に入れたということもあって、なかなか真相が分からないところが難しいところです。