窓ガラスの汚れで思い出す

窓ガラス8私が以前住んでいた家の窓ガラスは、かなり頑丈だった記憶があります。
何かがぶつかっても割れたり大きなひびが入ることは一切ありませんでした。
かなり長く住んでいたにも関わらず、交換しなければいけないような致命的なものは傷は出来なかったので、普通のものよりかなり頑丈だったのではないでしょうか。
ただ、小さな傷はたくさんありました。

小さいときにクレヨンで落書きしたような跡や、何かで引っかいたような跡など、おそらく私が子供のときにつけたものだと思われます。
傷はどうしようもないけど汚れはなんとかなるだろうと思って取ろうとしましたが、こびりついてしまったのか全くと言っていいほど取れません。
窓ガラスにこのような汚れが着いているのは申し訳なく、母に謝ったら、「あれを見ると〇〇が小さかったときのことを思い出すから取らなくていいんだよ」と言われました。
まさかこびりついた汚れで私が小さいときのことを思い出すなんて思ってもいなかったので、不思議な気持ちになると同時に、なんだか嬉しい気持ちになりました。
幸い目立つような汚れでないのでよかったですが、目立つものだったら意地でも汚れを取ろうとしたかもしれません。
ちょっとしたものだから、可愛らしく感じたのかもしれません。