同じコーヒー豆でも焙煎具合で味が変わる

coffeeコーヒーの味は同じ豆を使用しても焙煎具合によって変わってきます。どんなコーヒーを入れたいかによってそれにあった焙煎豆を選ぶ必要があります。
コーヒー豆はもともと茶色ではなく緑色をしています。かじるととても青くさいです。
珈琲の味や香りや茶色い色は焙煎することによって現れます。コーヒー豆の焙煎の度合いは浅煎り、中煎り、深入りの三段階がありますがもっと細分化されたライト、シナモン、ミディアム、ハイ、シティ、フルシティ、フレンチ、イタリアンの8種類がよく使用されるようです。ライト、シナモンは浅煎り、ミディアム、ハイ、シティが中煎り、フルシティ、フレンチ、イタリアンは深入りちされています。

コーヒー豆の成分は加熱すると味が変化します。浅煎りだとクエン酸やリンゴ酸などが創りだされて酸味が強く、深入りだとコーヒー豆に含まれる糖質が焦げて苦味が強くなります。
焙煎済みのコーヒー豆を購入するときは焙煎度合いの他に大きく膨らみシワがなく光沢があり糸が均一のものを選ぶと良いです。