お気に入りの居酒屋

居酒屋何を隠そうお酒が大好きな私。酒豪一家に生まれ、期待を裏切らず生粋の酒好きに成長しました。

若いころはガチャガチャした客層の若いチェーン店の居酒屋へ通っていましたが、結婚し、子供も大きくなるにつれて、家で飲むのが一番だなあと思う今日この頃です。

それでもお気に入りの居酒屋はあります。それは赤提灯の居酒屋。若いころの自分には到底想像もできなかったでありましょう。オバサンになりかけた私が、居合わせたオジサンと酒を酌み交わすなんてことを。

ここは、何も気を遣わなくていいんです。誰かカッコいい人がいるかもしれないからオシャレしていかなきゃとか、大酒飲めるのにあまり飲めないかわいい子のフリしなきゃとか。

もうそんなの全くいらないんです。オバサンに片足突っ込んだ私が、ふらふらとすっぴんで行けるんです。なんて素晴らしい居酒屋なんでしょうか。

BGMは決まって演歌、どこからともなく始まる音程のズレたおじさまのカラオケ。

気兼ねなく一人でもカウンターで飲めます。しかも周りを気にしても仕方ないので、飲みたいだけ飲んで気持ちよく酔っ払える!

家族がいる身ですから、そんなに頻繁には行けません。近所の噂になってもいけないので。1ヶ月に1回位かな、訪れてストレス発散しています。

年をとって食べ物の好みが変わるように、居酒屋の好みも変わっていくんですね。おばあちゃんになったら、どんな居酒屋に行ってるのかしら?自分の未来、少し楽しみです。