アルコールエンターテイメントな居酒屋

居酒屋私はよく思うのですが、居酒屋とゆうものは、お店に行くお客さんをワクワクさせるちょっとした、アルコールエンターテイメントショーのように感じます。まずお店に入ると、店員さんの威勢のいい、いらっしゃいませの声に元気をもらいますね。あといらないとゆう方もいますが、お店の顔的なおつまみの代表と言ったら私の場合お通しだと思うのです。好きなのはそのお店独自の湯葉や大根などを煮た煮物何か食べると気持ちがほろっとなんだか感心した気持ちになるし、逆に焼き鳥屋によくあるどんぶりにどかんと入ってる大盛りキャベツなんかも大好きで友達や上司とはじめのビールをのみながら語らいあうのにはもってこいのものだと思います。おつまみばかりのお話になりますが、私が好きなのは、シンプルですがアジフライです。どこにでも、コンビニでもスーパーでも確かに売ってるんですがお店のなかで食べる揚げたてアツアツなものをほおばって食べる時には幸せを感じます。

今の居酒屋は昔はおじさん達が行くものって固定観念がありますが、今はお子様ランチやら女子会コースなど、女性や家族向きのサービスをしているところも多いです。そしてなんといっても私が最も好きなのは酒の種類が多いお店です。よく聴くのが焼酎とかが多いけど、私が好きなのはビールの種類が多いもの。最近行った世界中のしかも生ビールが飲めるお店に行ったときは、とても感動した記憶があります。そうゆうエンターテイメント性がついついまた行きたくなる気持ちを刺激するものですね。