設計事務所とは打ち合わせが肝心

8設計事務所を利用する際は、まず打ち合わせという作業が行われます。この打ち合わせの段階である程度の情報を伝えることとなりますが、場合によっては打ち合わせの内容を重視することとなるため、間違った設計が行われてしまうこともあるのです。出来る限りそのようなことは避けたいところなので、まずは打ち合わせの内容をしっかり考えていくことです。
打ち合わせの内容によっては、事務所側が変な対応をしたり、間違った設計図を考えてしまうことになります。これは二度手間となってしまう可能性があるので、出来る限り避けたいところです。相談をすることは勿論ですが、自分がこのような設計をしたいということがあるなら、どんどん話をして実現できるかどうかを検討して貰った方がいいです。

その上で出来ることだけを行ってもらい、最終的に図面を考えて貰えばいいのです。
色々な内容を伝えておくことによって、自分が希望するような建築が出来るかもしれません。設計事務所はそうした情報を常に考えながら行動を行っており、場合によっては今までにない手法を採用したり、難しいけどやってみるという回答をしてくれることもあります。そのためには事前の打ち合わせが非常に重要なこととなります。