神秘的な怪しさの漂う小説魍魎の匣

魑魅魍魎小説魍魎の匣のご紹介をしたいと思います。この小説は京極夏彦の京極堂シリーズの二作目で、姑獲鳥の夏の続編になります。
このシリーズは毎回妖怪の名前を冠した作品になっていますが、実際に妖怪が出てくるファンタジーものではなく、毎回妖怪に例えられるような危険が起こるミステリー小説です。何作も出ているこの京極堂シリーズですが、私はこの小説魍魎の匣が一番お気に入りです。
幻想的な美しさ、神秘的な場面表現、淫靡な背徳感につつまれていて「匣」の一つである旧日本軍の研究施設という舞台装置もまたそれに一役買っていると思います。

京極堂シリーズは登場人物がそれぞれ漫画のようにキャラ立ちしており、それぞれの活躍も楽しく読めます。毎回物語終盤で腰の重かった京極堂がたちあがり、水戸黄門のように関係者に「憑き物落とし」という名の謎解きをしますが、今回も安定の活躍で読んでいて安心できます(笑)
ただしいつものことですが圧巻の文字数とページ数でほんの厚さが半端ないので覚悟が必要です。通勤に読もうと思っても重くて手が痺れること請け合いです。
読み応え満点なのは保証しますので活字中毒な人にはもってこいな小説です。