注文住宅は何度もシュミレーションを繰り返して形にしましょう。

注文住宅家を建てるのは一生に一回の大きな決断によると思います。どうせ建てるなら注文住宅で理想の形を作りたいですよね。建売だと既に作られた形に合わせて住む事になるため不満も出やすいと思います。注文住宅のメリットは何と言っても自由に決められる事です。しかし予算という壁があるため理想から現実へと見直す事も多々あると思います。

そのため焦らずに何度もシュミレーションを行って1部屋ずつ、そして家全体のバランスを組みたてて行くといいでしょう。とはいっても実際に注文住宅で建ててみても、住んでいくうちに後悔する事が沢山あります。もっとこうすれば良かった。ここは要らなかったというように失敗は当然あるものです。住宅は数回建てないと理想の形にならないと言うのは本当ですね。ハウスメーカーなどでは決まったパーツの組み合わせですのでパターンの中から組合せますが、一般工務店などでは本当に自由に設計できるため夢も膨らみます。建ててから思う事は自分の家だけではなく、周りの家とのバランスや道路状況などでも想像と異なる場合もありますし、中に入るとで圧迫感や解放感もイメージ通りとはいかないと思います。できることなら立体模型を作製してもらい注文住宅を依頼するのが良いと思います。