韓国のトイレ

日本のおとなり、韓国のトイレは日本の和式トイレと同じで用をたした後は紙で拭くし、水洗でもある。便器の向きが入り口を向いていることを除けばトイレ事情は日本とあまり違いがないように見える。しかし実は韓国のトイレは詰まりやすいようなのである。

韓国のトイレには大きなゴミ箱が置いてあり、中にはお尻を拭いたあとの使用済みの紙らしきものが捨ててある。水洗のトイレなのにどうして流さないのだろうか。実は紙を流すとつまるからである。下水管のパイプが細く、紙も硬めで水に溶けるまでに詰まってしまうのだとか。知らずに紙も一緒に水で流すと水が逆流してきて大変な目に合うのだ。

今は下水管も新しくなり、紙を流しても問題ないところが増えたというが、まだまだ油断は出来ない。日本語の通じない場所でそんなことにならないように、韓国のトイレで大きなゴミ箱をみたら神は水に流さないようにしよう。