防音ガラス

防音ガラスとは、2枚のガラスの間に防音特殊フィルムを挟み、加熱処理した合わせガラスで、ガラスの振動を防音特殊フィルムが吸収することによってコインシデンス効果による遮音性能の低下を抑え、音域全体に遮音性能を発揮します。

防音ガラスの遮音性能は製品によって異なります。一般的な板ガラスと同じ厚さ6ミリでは室外からの耳障りな騒音を軽減します。厚さ8ミリになると空港、幹線道路、鉄道、工場などの様々な気になる騒音を軽減します。しかし遮音効果を高めるためにはガラスやサッシなどの開口部だけでなく、壁床天井などを含めて建物全体でトータルな防音対策を考える必要があります。

防音ガラスはガラスと特殊フィルムが接着されているため、地震や衝撃などで万一破損しても破片が脱落しにくくなっています。また柔軟で強靭な特殊フィルムによって衝撃物が貫通しにくくなります。このため防犯性能にも優れています。