ICカードによる鍵

最近では鍵のかわりにICカードをかざすことで開けられる電気錠が開発されています。ICカードはSUICAやICOCA、EDYなど電子マネーとして使われているので一般的になってきました。自動改札を通るときと同じように、受信部にICカードをかざすことで鍵を開けることができます。

ICカードにはいろいろな規格がありますが、もっとも普及しているのはFelicaというシステムです。上記のSUICAやEDYでも採用されているだけでなく、おサイフケータイもこのFelicaの規格を使っています。このため、Felicaに対応したICカードのキーシステムであれば、おさいふケータイを鍵がわりに使うことができるのです。

しかし問題もあります。これは電気錠全般に言えることですが、配線など初期投資が高くなることと停電してしまうと鍵が開かなくなってしまうことです。停電にそなえて予備電源やバッテリーなどの仕組みがありますが、さらに設備費用が高額となってしまうため、導入されるのはごく一部に限られています。