婚約期間は半年程度が良い 冠婚葬祭の法則

kankonsousai-21

冠婚葬祭の常識的に婚約期間は半年程度が良いでしょう。

結婚が決まったらだいたい半年、長くても8ヵ月くらいまでの間に挙式を計画するくらいがちょうどいい。婚約期間が長いほど、見なくてもいい相手の欠点が気になってくるものだ。
相手のよいところを見ることは、結婚生活を続けていくなかですっと必要になる。そのための訓練と考えて、結婚準備中に何か気になっても、なるべく別の視点で見ることを心がけて。
マリッジブルーは自分ひとりだけのものではなく、誰もが不安を乗り越えていると考えると、少しは自分を楽にできるはず。
育った環境のつり合いがとれるお見合いは、結婚には有効な出会いのひとつ。お見合いにはお世話をしてくれる人がいるもので、相手を立て、その方を立てるためにも、お見合い後に交際するかしないかはなるべく早く返事をする必要がある。
交際をする場合も普通の恋愛とは違い、好き嫌い以外にも、結婚相手となる人物をめぐる環境を知ることがいちばんの目的。せいぜい2~3ヵ月でおたがいをよく見て、婚約へ進むのかどうかを決断するくらいのつもりでいたほうがいい。