サーマルプリンタ全て語ります

sermal-printerサーマルプリンタについての色々な話です。
サーマル方式には、インクリボンを使わずに感熱紙を熱によって変色させるダイレクトサーマル型と、インクリボンからインクを定着させるサーマル型とがあります。
ダイレクトサーマルタイプ
感熱紙の表面にロイコ染料と顕色剤の混合コートして、熱せられたサーマルヘッドで発色させる方法です。
ダイレクトサーマル印刷機は、感熱紙を使用するのでインクリボンやトナーが不要です。これによりレジや計量器などに組み込むことができるサイズにまで小型・軽量化が可能になっています。

サーマルプリンタは衣料などの値札ラベルの印字や食品などに貼付される計量ラベルなど、さまざまな作業現場でのラベルの即時発行といった用途に適しています。
サーマルプリンタは印刷の耐久性に余り優れておらず、短期間の使用を主な用途とする印字物に用いられてきました。
近年ではサーマルプリンタの性能が改善したことから物流用途や工業用途で幅広く浸透してきています。