塗装方法のコツ

塗装塗装の際のローラブラシ塗りの方法についてです。最初に、ローラブラシで塗れない、または塗りにくい場所を、はけで塗装しておきます。

塗料を含ませるときは、ブラシの1/3~1/2くらいの深さまで塗料につけては金網の上をころがすという操作を数回くり返し、ブラシ全体に塗料を均一になじませます。いろいろな塗付け方がありますが、入門者には右上からまっすぐに降ろして来て、塗付け幅だけ左上に移動し、その後、まっすぐに降ろしてきます。この繰り返しで塗付け幅のパターンが重なり、被塗物面全体に塗料を配ることができます。次に、塗りつけた塗料をすばやくならします。
最後に、はけ目通しと同様な目的で、ローラの運行方向を一定にして、もう一度初めからローラブラシを軽く押し当てて運行し、ローラマークが均一になるようにします。ローラ塗りのコツはローラを均一な力で回転させることです。
ローラの継ぎ部が凸にならないようにすることと、ローラマークを均一に整えることで、塗装の良い仕上がり面が得られます。ローラブラシの後始末と保管ですが、ローラカバーは、半円形のくぼみを持った木べらを自作し、ナップに含まれる塗料をていねいにしごき出します。その後、洗い用シンナーで洗って、ナップにくせがつかないように立てて乾かし保管します。