自動車のコーティングを使う前には下地を整えることは重要です

自働車には、ネット通販で購入をしたガラス系のコーティング剤を使うようになりました。この作業工程には下地を整えることが必要とされ、単に自動車を綺麗に洗車しておくだけではなく、既に何年も乗り続けている自動車であれば尚更下地を整える行動は欠かせません。カーシャンプーの中でも水垢取りの成分が入っているタイプを用いて洗車をする方もいますが、ボディの表面を細かくチェックすると、水垢が残っている部分があったり小傷が付いている部分を見つけることができます。

コーティング剤をそのままのコンディションで使ってしまうと、汚れまでコーティングされてしまう問題と、小傷が目立つような場合は本来の光沢を発揮することができません。そのため、洗車後には下地調整として初回に限りポリッシャーと7000番程度の液体コンパウンドを利用して、ボディの塗装部分全てを研磨することは必要と感じます。この作業を終えると新車のような輝きが出るものですが、ガラス系コーティング剤を塗布することにより新車の時よりも更に光沢が出るものです。ネット通販で購入できる商品の中には、初心者でも簡単に塗布から拭き取りを行えるものがあり、ムラが出にくい商品も存在します。このタイプのガラス系コーティング剤は、コストパフォーマンスに優れているので贅沢に沢山使ったとしても負担を感じることはありません。下地だけポリッシャーで磨いておけば誰でも簡単に美しい輝きを出すことができる手軽さと、ボディだけでななくガラス系コーティングはアルミホイールや樹脂パーツ、ナンバープレートにも利用できるので自動車全体を輝かせることには効果を十分に実感できます。